保険に加入して万が一に備えて安心生活をおくる

種類がある保険

旅行保険の種類について

旅行保険で有名なのが、空港ですぐに加入できるものやクレジットカードに付帯されているものなどがあります。 その他に、旅行会社がツアー参加者に対して保険を付けていたり、合宿などで個別に旅行保険を保険代理店で手配するものもあります。 旅行保険は大きく分けて、当日、宿泊を伴う国内、海外の3種類のものがあります。厳密にいえば、当日のみの保険は旅行保険というよりは、お祭りやボランティアなど、活動に対してかける種類のものになります。 宿泊を伴う国内旅行保険は料金も非常にお手軽なのが一般的です。 海外旅行保険はセットプラン販売が一般的ですが、たくさんのオプションから自分の好みに合った補償を選ぶことも可能です。また、駐在員など、同じ場所を不定期に何回も往復する場合は、数次回特約を忘れずに付帯しましょう。

保険始期と当日の考え方

一般的に損害保険は午後4時に始まりますが、旅行保険は午前0時に補償が始まります。そのため、朝早く出発する場合は良いですが、午前0時発の飛行機で海外などへ出かける場合は注意が必要です。保険の始まりと終わりが、自宅を出て帰るまでの日程になっているかを良く確認する必要があります。 学生の方で、少しでも保険料を少なくしようと、短く保険期間を設定し、旅行当日の空港まで行く間に交通事故に遭ってしまいお怪我をされてしまった場合でも、本来であれば補償範囲無いですが、当日を日本を出るタイミングで補償をかければ良いと思っていた場合は災難に見舞われても対象外事故となりますので、ご注意ください。 また、変わった特約の中に、本人だけでなく、家族や親族が旅行中に事故などで急きょ帰国しなければならなくなった場合の費用が担保されるものがあります。基本的にこのようなことは無いとは思いますが、万が一の保険なので特約選びも慎重にしたいですね。